【アメリカ・日本株】週間振り返り~2022年3月3週目

2022年3月3週目市場振り返り市場振り返り
この記事は約13分で読めます。

2022年3月14日~3月18日までの株式市場振り返りです。

今週は株式市場が好調だったね!

久しぶりに爆上げでしたね~。

・ロシアのデフォルトが現時点で回避できたこと
・ロシアによるウクライナ侵攻で停戦協議が続いていること
・原油をはじめとしたコモディティ価格の一服
・FOMCで既定路線の利上げ発表
・中国政府が株式市場を安定的に維持すると表明

等、株式相場にとってはプラスに働いた一週間でした。

ただ、
・コモディティ価格が再度上昇してきていること
・中国のロックダウン
・ウクライナの状況
次第な部分もあるため注意は引き続き必要かなと思います。

コモディティ価格については下記のサイトがおススメです。

各チャートについては、下記投稿にリンクを貼っているので参考になればと思います。コモディティ関連全体への投資方法の投稿になります。

 

本投稿は、日本とアメリカ株式市場の振り返りをしています。
 ①日米主要株価指数について
 ②日本市場振り返り:セクター成績
 ③アメリカ市場振り返り:セクター成績
  好不調3セクターをピックアップして分析しています。
 ④アメリカ主要銘柄決算内容
の順でまとめています。

主要指数成績

指数終値先週末差先週末比
NYダウ34,754.931,810.74+5.50%
NASDAQ13,893.841,050.03+8.18%
S&P5004,463.12258.81+6.16%
日経平均26,827.431,664.65+6.62%
TOPIX1,909.27109.73+6.10%
マザーズ740.1470.06+10.46%

今まで大きく下げていたハイテク関連が急騰し、NASDAQとマザーズが特に大きく上昇しています。

●前週との比較/4週間成績

2022年3月3週目 主要株価指数履歴

今年に入ってから、ほぼずっとマイナスで推移していた株式相場ですが、
今週に入り急騰しました。

日本市場振り返り

2022年3月3週 東証セクター成績

31業種プラス、2業種マイナスとなっています。
原油含めコモディティ価格下落を受け、石油・石炭製品セクター、鉱業セクターが値下がりしています。

原油価格下落及びコロナまん延防止が解除+Go To トラベルを復活させる方針となったことから、空運セクターが大きく上昇しています。
アメリカ金利が上昇しているため、金融セクターも好調です。
急速な利上げが回避されたことから、ハイテク関連も大きく上昇しています。

2022年3月3週目東証セクターTOP10

2022年3月3週東証セクターヒートマップ

3/15に鉱業、非鉄金属が急落していることが分かります。
それ以外の日は、多くの業種でプラスとなっています。
銀行業、保険業といった金融関連セクターは8日連続上昇と好調に推移しています。

アメリカ市場振り返り

ヒートマップ

2022年3月3週目 アメリカ市場ヒートマップ

全体的に緑=大きくプラスとなっていることが分かります。
特にテクノロジー、消費者循環セクターがほぼすべて緑色と好調でした。

上図はアメリカ全体のヒートマップです。
finizは無料で色々と調べることができるすごいサイトです。
 

セクター別成績

2022年3月3週目アメリカセクター成績
 
エネルギーセクター以外はすべてプラス。
このところ調子が悪かった業種が大きく上昇しています。
特にConsumer Cyclical=消費者循環セクターが約11%上昇と大きく跳ね上がりました。
 
上位セクターと下位セクターを3つずつピックアップした結果が下記になります。
 

Consumer Cyclical(消費者循環)

インターネット小売14.78%
高級品14.48%
デパート14.36%
ギャンブル13.17%
自動車メーカー12.58%
旅行サービス11.87%
アパレル製造10.14%
レジャー8.66%
パーソナルサービス7.90%
車の部品7.84%
リゾート&カジノ7.81%
履物&アクセサリー7.45%
リノベーション小売7.25%
宿泊7.08%
包装および容器6.91%
レストラン6.85%
家具、備品、電化製品6.64%
専門小売6.32%
アパレル小売6.12%
住宅建設5.60%
自動車およびトラックのディーラー5.06%
RV車4.89%
テキスタイル製造3.45%
すべての分類でプラスとなっています。
大型銘柄は下記のとおりです。
 
アリババ24.90%
テスラ13.84%
アマゾン10.81%
トヨタ自動車8.49%
ホームデポ7.56%
ナイキ7.02%
アリババが約25%上昇と急騰しました。
これは、中国政府が株式市場を安定的に維持すると表明したことが大きいです。
2020年の高値から1/3程度で推移しているため、上がる余地は大いにありますが、50日移動平均線が差し迫っているため、そこを超えられるかが来週の見所です。
 

 

 
 

Technology(テクノロジー)

ソフトウェアアプリケーション14.02%
半導体機器および材料13.29%
半導体9.71%
ソフトウェア-インフラストラクチャ8.87%
科学技術機器8.26%
家電6.13%
情報技術サービス6.00%
コンピューターハードウェア5.72%
エレクトロニクスとコンピューターの配布5.70%
太陽5.39%
電子部品5.07%
通信機器4.86%

ソフトウエアと半導体関連が特に強かったことが分かります。
大型銘柄は下記のとおりです。

エヌビディア19.70%
ASML16.05%
セールスフォース10.56%
アドビ8.87%
マイクロソフト7.27%
アップル5.98%
ブロードコム5.63%
台湾セミコンダクター5.24%
オラクル4.96%
アクセンチュア3.97%
シスコ2.34%

半導体大手のエヌビディアと半導体装置のASMLが爆上げです。

 

 

 

 

Financial(金融)

クレジットサービス11.60%
資本市場9.90%
財務データと証券取引所8.98%
保険ブローカー8.46%
金融コングロマリット7.61%
銀行-分散6.93%
資産運用管理6.38%
保険-生命5.86%
保険-再保険5.35%
保険-財産と損害5.12%
銀行-地域5.00%
保険-分散4.88%
住宅ローンファイナンス2.26%
保険-専門2.21%
シェル会社0.08%

クレジット関連が特に好調でした。
大型銘柄については、下記のとおりです。

ビザ11.39%
JPモルガン8.70%
マスターカード7.79%
バンクオブアメリカ6.37%
バークシャーハサウェイ4.84%

ビザが+11%超えと勢いが強いものでした。

 

 

 

Energy(エネルギー)

石油・ガスE&P0.23%
ウラン0.22%
石油・ガス精製・マーケティング-1.08%
石油・ガス中流-1.60%
石油・ガス統合-2.31%
一般炭-3.10%
石油・ガス設備・サービス-5.57%
石油・ガス掘削-5.60%

ほぼすべての分類でマイナスになっています。
大型株については下記にて。

シェブロン-5.37%
エクソンモービル-7.36%

先週までは好調でしたが、原油高が一服したため大きく値を下げています。
しかし、USOILが50日移動平均線で反発し再度原油が上昇し始めていることから、下げ幅は小さくなっています。

 

 

 

Utilities(公共事業)

水道4.58%
リサイクル1.05%
多様0.97%
ガス0.87%
電気0.84%
発電-4.65%

発電のみマイナスで、それ以外は堅調でした。

Real Estate(不動産)

不動産サービス11.08%
不動産開発6.77%
REIT-インダストリアル4.35%
REIT-ホテル&モーテル4.14%
REIT-スペシャリティ2.40%
不動産-多様化2.27%
REIT-住宅ローン1.78%
REIT-オフィス1.68%
REIT-多様化1.68%
REIT-医療施設1.54%
REIT-住宅1.23%
REIT-小売0.94%

すべての分類でプラスとなっています。

アメリカ主要銘柄決算内容

大型株の多くはほぼ決算が終わっており、今週は1銘柄のみの紹介。

アクセンチュア(ACN)

●四半期:2Qの業績は増収増益

売上高対前年同期24.5%増の150億ドル。予想より+2.7%
純利益対前年同期13.5%増の16.3億ドル。予想より+6.9%
PER前年同期の水準から0.31ドル増加。予想より+0.15ドル

●通期:累積業績は増収増益

売上高対前期25.8%増の300億ドル
純利益対前期16.5%増の34.3億ドル
PER前期の水準から0.77ドル増加

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました