【S&P500】2022年はグロース株よりバリュー株が強いです!

S&P500 バリュー指数とグロース指数アメリカ株
この記事は約29分で読めます。

2022年は株価下落が進んでいます。

2020年のコロナショック以降は強気相場だったのに~

2022年は
・テーパリング完了
・利上げ
・金融引き締め
がもともと想定されており、株価は厳しいと予想されていました。

2021年からはコロナ禍による需要と供給バランスが崩れたこともあり、コモディティが高騰していていました。
2022年2月にロシアのウクライナ侵攻が始まった影響で、
コモディティが暴騰しており、インフレが更に加速してしまいました。

 

そのため、従来の想定よりも
・利上げ幅を徐々にではなく、一気に!という流れへ
・バランスシート圧縮(QT)をダイナミックに
する必要が出てきており、3月のFOMC議事でもそのような主張になっていました。

そのため、割高な新興株から資金が撤退しやすい構図となっています。
新興企業は資金が潤沢には無い為、
 ①:銀行から多額のお金を借りる
 ②:その資金を有効的に使い収益を上げて規模拡大
 ③:返済をしながら、再度①→②へ。
を繰り返しながら規模拡大します。

そのため、金利が低い時は回転効率が高くなりやすいですが、
高金利状態だと資金調達が困難になり、成長が鈍ってしまいます。

新興企業の収益獲得(低金利と高金利)

 

市場は、成長が期待できる会社に投資するため、低金利の時は新興企業が優位になりやすいです。一方で、高金利状態のときは、新興企業は成長しにくい状態になるため、投資資金が撤収されやすいです。

では市場から資金はどこに流れやすいかというと、
・コモディティ
大型バリュー株
となります。
コモディティはすでに高騰しているため、私はゴールドが魅力あると考えています。

大型バリュー株は、すでに成熟した産業が多く大きな成長は見込めませんが、もともと資金が潤沢にあり安心感があります。
また、高配当である銘柄が多い為、高金利で不景気になる恐れがあるときは、キャピタルゲインの代わりにインカムゲインを狙った投資家が増えます。そのため、バリュー株が強くなるという構図となります。

本投稿は、バリュー指数とグロース指数について解説していきます。
一般的に、バリューとグロースの違いは、
・PER(株価収益率(Price Earnings Ratio))
・PBR(株価純資産倍率(Price Book-value Ratio))
を指標として、PER、PBRが低い銘柄ほどバリュー株と言われます。

S&P500などのインデックスを開発している、S&P Dow Jones Indicesによるとバリュー指数とグロース指数というものがあります。
今回はこの指数の違いについても解説していきます。

①S&P500
②バリュー指数とグロース指数とは?
③ETF
④バリュー個別株
⑤まとめ
の順でまとめています。

S&P500とは

S&P500はアメリカの大手約500社を集めたインデックスです。
時価総額で比率が決まるため、NYダウに比べてハイテク株が比較的多くなっていますが、NASDAQ総合指数に比べてハイテク株の比率は低くなっています。

S&P500については、下記にてまとめていますので、参考にしていただければ幸いです。

S&P500構成セクター比率

【構成銘柄TOP10】

銘柄名Ticker組入比率業種
Apple Inc.AAPL7.01情報技術
Microsoft CorporationMSFT5.94情報技術
Amazon.com Inc.AMZN3.63一般消費財・サービス
Tesla IncTSLA2.33一般消費財・サービス
Alphabet Inc. Class AGOOGL2.15コミュニケーション・サービス
Alphabet Inc. Class CGOOG1.99コミュニケーション・サービス
Berkshire Hathaway Inc. Class BBRK.B1.67金融
NVIDIA CorporationNVDA1.59情報技術
Meta Platforms Inc. Class AFB1.35コミュニケーション・サービス
UnitedHealth Group IncorporatedUNH1.33ヘルスケア
今を時めくGAFAMやテスラなどがTOP10に入っています。
影響度も高く、テクノロジーセクターが一番多く占めていることが分かります。

バリュー指数とグロース指数とは

定義

S&P Dow Jones Indicesの解説によると、
下表のように、主インデックスをグロース因子とバリュー因子で点数化します。

グロース因子バリュー因子
3年間のEPS変化資産
3年間のSPS成長率株価収益率
1年間の株価変動株価に対する売上高の比率

   ※EPS:1株当たりの純利益
    SPS:1株当たりの売上高

グロースランク/バリューランクの比率で並び替えし、時価総額と照らし合わせて
下図のようにスタイルバスケットを構築します。

グロースランクが高くバリューランクが低いものは、数値が大きくなります。
逆にグロースランクが低く、バリューランクが高いものは数値が大きくなります。

バリュー指数とグロース指数の関係

中間(ブレンド)が存在し、バリューとグロースどちらの顔もある銘柄が集まっているバスケットです。
 ①バリュー指数:ピュアバリューと中間(ブレンド)で構成
 ②グロース指数:ピュアグロースと中間(ブレンド)で構成
①と②の時価総額が同じになるように銘柄や比率を配分化されています。

 

基インデックスがS&P500の場合

S&P500の
・バリュー指数
・グロース指数
・ピュアバリュー指数
・ピュアグロース指数
の構成銘柄から計算をすると下図のような銘柄数となっています。

S&Pバリュー指数とグロース指数

黄色帯:ピュアバリュー指数で、121銘柄で構成されています。
青色帯:ピュアグロース指数で、57銘柄で構成されています。

橙色帯:バリュー指数とグロース指数どちらにも該当しており、184銘柄ありました。

S&P500の中でグロースが昨今強すぎるため、バリュー指数とグロース指数の時価総額を合わせるために、
・バリュー指数:449銘柄(506銘柄中)
・グロース指数:241銘柄(506銘柄中)
とバリュー株の銘柄数が多くなっています。

構成銘柄セクター比率

S&P500バリュー指数 セクター比率

S&P500バリュー指数セクター比率

ヘルスケア、金融、資本財と続いています。
ディフェンシブなセクターが多くを占めています。

S&P500グロース指数 セクター比率

S&P500グロース指数セクター比率

グロースのため、情報技術セクターが4割を超える比率となっています。

S&P500ピュアバリュー指数 セクター比率

S&P500ピュアバリュー指数構成セクター比率

バリュー指数と比べて、金融が3割と影響度が高くなっています。

S&P500ピュアグロース指数 セクター比率

S&P500ピュアグロース指数構成セクター

主要構成銘柄(TOP10)

S&P500バリュー指数 

銘柄名Ticker組入比率業種
Berkshire Hathaway Inc. Class BBRK.B3.34金融
Johnson & JohnsonJNJ2.54ヘルスケア
Procter & Gamble CompanyPG1.99生活必需品
Exxon Mobil CorporationXOM1.87エネルギー
Chevron CorporationCVX1.68エネルギー
UnitedHealth Group IncorporatedUNH1.54ヘルスケア
Coca-Cola CompanyKO1.30生活必需品
Walt Disney CompanyDIS1.28コミュニケーション・サービス
Verizon Communications Inc.VZ1.18コミュニケーション・サービス
Walmart Inc.WMT1.16生活必需品

大型バリュー株と呼ばれる銘柄がずらりと並んでいます。

S&P500グロース指数 

銘柄名Ticker組入比率業種
Apple Inc.AAPL13.97情報技術
Microsoft CorporationMSFT11.83情報技術
Amazon.com Inc.AMZN7.23一般消費財・サービス
Tesla IncTSLA4.63一般消費財・サービス
Alphabet Inc. Class AGOOGL4.28コミュニケーション・サービス
Alphabet Inc. Class CGOOG3.97コミュニケーション・サービス
NVIDIA CorporationNVDA3.17情報技術
Meta Platforms Inc. Class AFB2.70コミュニケーション・サービス
Eli Lilly and CompanyLLY1.28ヘルスケア
Thermo Fisher Scientific Inc.TMO1.26ヘルスケア

今を時めくGAFAMやテスラがずらりと並んでいます。

S&P500ピュアバリュー指数 

NameHolding TickerWeightSector
Berkshire Hathaway IncBRK/B 2.38Financials
Archer-Daniels-Midland CoADM 2.01Consumer Staples
Mosaic Co/TheMOS 2.01Materials
Prudential Financial IncPRU 1.99Financials
Cigna CorpCI 1.96Health Care
Allstate Corp/TheALL 1.85Financials
MetLife IncMET 1.80Financials
Marathon Petroleum CorpMPC 1.80Energy
Paramount GlobalPARA 1.77Communication Services
Valero Energy CorpVLO 1.68Energy

あまり聞きなじみが無いような銘柄が多い印象です。
比較的均等に分けられているため、分散はされています。

S&P500ピュアグロース指数 

NameHolding TickerWeightSector
Fortinet IncFTNT 3.32Information Technology
NRG Energy IncNRG 3.22Utilities
Tesla IncTSLA 3.12Consumer Discretionary
Diamondback Energy IncFANG 2.84Energy
Enphase Energy IncENPH 2.79Information Technology
Dexcom IncDXCM 2.62Health Care
Devon Energy CorpDVN 2.43Energy
Goldman Sachs Group Inc/TheGS 2.39Financials
NVIDIA CorpNVDA 2.39Information Technology
SVB Financial GroupSIVB 2.30Financials

テスラやエヌビディアなどが入っています。
ゴールドマンサックスが意外にもに、ピュアグロースに入っています。

トータルリターン株価チャート

2022年4月までの5年間

S&P500バリュー指数とグロース指数トータルリターン(5年間)

Effective date S&P 500 (TR)S&P 500 Value (TR)S&P 500 Growth (TR)S&P 500 Pure Value (TR)S&P 500 Pure Growth (TR)
5年トータルリターン108.671.4142.166.9108.6
基のインデックスS&P500のトータルリターンは、+108.6%となっています。
それに対して、
 ・バリュー指数:+71.4%
 ・ピュアバリュー指数:+66.9%
バリュー株が基指数を下回っています。一方で、
 ・グロース指数:+142.1%
 ・ピュアグロース指数:+108.6%
グロース指数が強い結果でした。
チャートで見ると、コロナショック後の上昇がグロースは強いものでした。

2022年4月までの1年間

S&P500バリュー指数とグロース指数トータルリターン(1年)

Effective date S&P 500 (TR)S&P 500 Value (TR)S&P 500 Growth (TR)S&P 500 Pure Value (TR)S&P 500 Pure Growth (TR)
1年間トータルリターン11.611.711.017.06.2
基のインデックスS&P500のトータルリターンは、+11.6%となっています。
それに対して、
 ・バリュー指数:+11.7%
 ・ピュアバリュー指数:+17.0%
バリュー株は基指数の同等以上の結果が得られています。一方で、
 ・グロース指数:+11.0%
 ・ピュアグロース指数:+6.2%
グロース指数は基指数よりもアンダーパフォームしている結果でした。

チャートで見ると、2022年からグロースが大きく落ちていることが分かります。
それに対して、バリューが上昇していっています。

2021年末比(2022年4月8日まで)

S&P500バリュー指数とグロース指数トータルリターン(2021年末比)
Effective date S&P 500 (TR)S&P 500 Value (TR)S&P 500 Growth (TR)S&P 500 Pure Value (TR)S&P 500 Pure Growth (TR)
2021年末比-5.50.6-10.96.8-15.1
基のインデックスS&P500のトータルリターンは、-5.5%となっています。
それに対して、
 ・バリュー指数:+0.6%
 ・ピュアバリュー指数:+6.8%
バリュー株は基指数のをアウトパフォームしています。一方で、
 ・グロース指数:-10.9%
 ・ピュアグロース指数:-15.1%
グロース指数は基指数よりもアンダーパフォームしている結果でした。

チャートで見ると、2022年からグロースが大きく落ちていることが分かります。
バリューは平行若しくは微増という結果でした。

このことからも2022年はグロース株からバリュー株へシフトしていることが分かります。

ETF

指数連動型投資信託は無い為、投資する際はETFとなります。

S&P500バリュー指数 

ティッカーファンド会社資産(十億USD)経費率直近配当利回り
SPYVState Street14.760.04%1.75%
IVEBlackRock25.7680.18%1.80%
VOOVVanguard3.1010.10%1.55%
経費率:SPYVが0.04%と非常に低い
資産:IVEが最も高い

S&P500グロース指数 

ティッカーファンド会社資産(十億USD)経費率直近配当利回り
SPYGState Street14.0740.04%0.71%
IVWBlackRock36.1180.18%0.68%
VOOGVanguard7.6080.10%0.65%
バリュー指数と同様に
経費率:SPYGが0.04%と非常に低い
資産:IVWが最も高い
 

S&P500ピュアバリュー指数 

ティッカーファンド会社資産(十億USD)経費率直近配当利回り
RPVInvesco3.8980.35%1.14%
NASDAQ100ETFでおなじみQQQを開発したInvesco 1社のみ。
 

S&P500ピュアグロース指数 

ティッカーファンド会社資産(十億USD)経費率直近配当利回り
RPGInvesco2.5770.35%0.00%
資産がピュアバリューよりも少ないのは、ハイテクETFならNASDAQ100のQQQの方が人気が高いためであると思います。
 

バリュー個別株

私は、ある程度の成長も見込める高配当銘柄がこの状況下でも強いと考えています。

S&P500バリュー指数とグロース指数関係

上図の中で、中間(ブレンド)領域=黄色帯が投資妙味があると思っています。
・グロース寄りにしたい場合:赤枠のバリュー指数とグロース指数重複銘柄
・バリュー寄りにしたい場合:グロース指数銘柄に含まれない銘柄

グロース寄り銘柄

S&P500バリュー指数とグロース指数の重複銘柄の中から、バリュー指数上位銘柄TOP10を抜き出したものが下表です。

ティッカー銘柄名配当利回り1年トータルリターン
UNHユナイテッドヘルス1.06%47.06%
JPMJPモルガン3.00%-12.40%
Vビザ0.69%-1.88%
MAマスターカード0.56%-6.84%
BACバンクオブアメリカ2.12%1.09%
PEPペプシコ2.48%24.80%
ABBVアッヴィ3.22%70.28%
PFEファイザー2.90%56.15%
COSTコストコ0.53%66.38%
CSCOシスコ2.80%7.01%

配当利回り、ここ1年のトータルリターンは製薬大手アッヴィが強い結果でした。
連続増配も50年と配当王銘柄の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリュー寄り銘柄

S&P500バリュー指数の中間層(ブレンド)において、グロース指数と重複しない銘柄を抜き出しました。S&P500バリュー指数構成比率が高いTOP10を下表にまとめました。

ティッカー銘柄名配当利回り1年トータルリターン
JNJジョンソンエンドジョンソン2.33%15.83%
PGプロテクター&ギャンブル2.17%20.29%
KOコカ・コーラ2.76%23.74%
DISウォルトディズニー0.00%-29.82%
CMCSAコムキャスト2.28%-9.75%
MRKメルク3.15%24.88%
NEEネクステラ・エナジー1.97%12.66%
BMYブリストル・マイヤーズ スクイブ2.78%28.21%
PMフィリップモリス5.00%15.71%
MDTメドトロニック2.24%-5.77%
配当利回りはフィリップモリスが一番高いことが分かります。
メルク、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、コカ・コーラも高配当銘柄です。

<連続増配年数>
・プロテクター&ギャンブル(P&G):65年
・ジョンソンエンドジョンソン:59年
・コカ・コーラ:59年
・メガトロニック:44年

1年間のトータルリターンは、ブリストル・マイヤーズ スクイブが最も良好でした。
メルク、コカ・コーラ、P&Gも好調です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

2022年はアメリカ金融引き締めと利上げが今までに無いスピードで実行されます。
そうなると株価は大きく下落していく可能性が高いです。
このような時には、バリュー株がグロース株よりも優位となりやすいです。

S&P500バリュー指数に連動したETFもあります。
バリュー個別株は配当利回りが高い銘柄が多く、株価の下落を支えてくれます。

個別株で迷う際には、ダウの犬戦略というものもあります。
大型株がメインのNYダウから配当利回りが高い10銘柄に絞って投資をする手法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました